機能性表示食品とは

<機能性表示食品とは>
機能性表示食品は、科学的根拠に基づき「おなかの調子を整えます」「脂肪の吸収をおだやかにします」など、健康の維持・増進に役立つ旨の表示(機能性表示)ができる食品です。
「機能性表示食品」制度は、2015年4月に新しくはじまりました。
くわしくは消費者庁ウェブサイトの『消費者の皆様へ「機能性表示食品」って何?』をご参照ください。

 
<トクホ(特定保健用食品)との違いは?>
トクホは表示されている効果や安全性について国が審査を行い、食品ごとに消費者庁長官が許可しています。
国が食品ごとに審査をしており、有効性・安全性ともに信頼できると言えます。

一方、機能性表示食品は、国の審査を受けたものではありません。
国の定めた一定のルールに基づき、事業者が有効性や安全性を評価し、効果があると保証したものです。
国の審査は受けていませんが、事業者が評価した有効性や安全性の情報は一般公開され、専門家を含め誰でも確認できるようになっており、透明性の高い制度となっています。

 
<健康食品との違いは?>
トクホや栄養機能食品以外のいわゆる健康食品は、機能性に関する科学的根拠の有無に関わらず、機能性の表示ができません。

 
<機能性表示食品以外の健康食品は全て効果がないの?>
必ずしも効果がないとは限りません。
「効果はあることは確認されているが、何が効いているかは分からない」場合、機能性表示食品とはできないことになっています。
そのため、機能性表示食品以外の健康食品でも、何らかの効果がある可能性はあります。
ただし、中には全く効果がない商品や、謳っている成分がほとんど入っていない商品、品質管理が不十分な商品もありますし、安全性に問題があるなど、悪質な商品もあるため、より慎重な検討が必要です。

 
<機能性表示食品を摂れば病気は治せる?>
機能性表示食品は病気の治療を目的としたものではありません。
病気にかかっている方は、医師の診察を受けましょう。
また、機能性表示食品さえ摂れば健康を維持できるものでもありません。
健康維持・増進のためには、日頃の食生活が重要です。
主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスをとるように心がけましょう。